「第3世代」の分散型台帳と呼ばれるヘデラ・ハッシュグラフ(HBAR)とは

暗号資産(仮想通貨)

分散型台帳技術は、ブロックチェーンの登場により注目を浴びています。しかし、ブロックチェーンにはスケーラビリティやセキュリティの課題があり、これを解決するために「第3世代」の分散型台帳が登場しました。本稿では、その中でも注目されているヘデラ・ハッシュグラフ(HBAR)について解説します。

「第3世代」の分散型台帳とは

分散型台帳の概要

分散型台帳は、複数の参加者がネットワーク上で取引情報を共有し、それをブロックとして連結していく技術です。これにより、信頼性の高い取引履歴を作成することができます。

第1世代と第2世代の分散型台帳の課題

第1世代の分散型台帳であるビットコインは、スケーラビリティの問題やトランザクションの遅延が課題とされました。第2世代のイーサリアムは、スマートコントラクトの実現により進化しましたが、セキュリティの脆弱性が指摘されました。

ヘデラ・ハッシュグラフ(HBAR)の概要

ヘデラ・ハッシュグラフの特徴

ヘデラ・ハッシュグラフは、高速かつ安全な分散型台帳を実現するために開発された技術です。その特徴は、高いスケーラビリティ、低い遅延、強力なセキュリティ、そして分散型のガバナンスモデルにあります。

ヘデラ・ハッシュグラフの仕組み

ヘデラ・ハッシュグラフは、グラフの形状を利用してトランザクションの順序を決定します。参加者は、自身のトランザクションをネットワークにブロードキャストし、他の参加者との通信を通じて順序を決定します。これにより、高速かつ安全なトランザクション処理が可能となります。

ヘデラ・ハッシュグラフの応用例

金融業界での利用事例

ヘデラ・ハッシュグラフは、金融業界において高速な決済処理や証券取引の実現に活用されています。また、分散型のガバナンスモデルにより、信頼性の高い取引履歴を確保することができます。

供給チェーン管理での利用事例

ヘデラ・ハッシュグラフは、供給チェーン管理においても有用です。製品の流通履歴や品質情報をブロックチェーン上で管理することで、透明性と信頼性を確保することができます。

まとめ

ヘデラ・ハッシュグラフは、高速かつ安全な分散型台帳を実現するための技術です。その特徴や応用例を紹介しました。今後、ヘデラ・ハッシュグラフを活用したさまざまな分野での実用化が期待されています。