アクティブ投資のメリットやデメリットについて

アクティブ投資

投資方法にはさまざまなものがあります。人によっては向き不向きがあるのです。そのため、自分にはどのやり方が合っているのかということを見つけるまで時間がかかる人もいます。運よく早いタイミングで自分に合っている方法を見つけることが出来る人もいますが、ほとんどの人はさまざまなやり方をしてから見つける人ばかりです。今回はアクティブ投資(アクティブ運用)について紹介をしていきましょう。

アクティブ投資とは

アクティブ運用とも呼ばれるこちらのやり方は、基本的に目安となる指数を上回る成績を目指すスタイルのことを指します。基本的に運用に関するプロフェッショナルがしっかりとした調査や分析を行います。そのため、自分自身はアクティブ運用に関して何も知らなくても成り立つのです。

ただ、運用するファンドはさまざまなのでどういう部分に重きを置いているかをしっかりと見極める必要があるのです。ただ、インデックス運用と異なる部分として、基本的に目安となる指数を上回る成績を目指しているので信託報酬などが高めではあります。

インデックス投資の場合は指数を超えない成績を目安としているので、利益も少ないです。だからこそ利益が多く出ることを目指しているアクティブ運用は報酬も高めなのでしょう。

アクティブ投資のメリット

アクティブ運用のメリット、それは高いリターンが期待できるということです。目安以上の指数を上回ることを目指していることもあり、上手くいけば大きなリターンを得ることができます。それに、種類が豊富という魅力もあるのです。銘柄数が多いということは、それだけ自分自身の運用方法に合う銘柄を選ぶことができるということになります。しかも相場下落時においても、リターンが期待できるというのは大きな魅力です。

アクティブ投資のデメリット

アクティブ運用のデメリットは手数料や信託報酬が割高という点があります。高いリターンが期待出来るからこそ、手数料などが割高なのです。それに、ファンドマネージャーの腕次第という部分もあります。そのため、アクティブ運用だから必ずしもリターンが期待できるというわけではありません。

過去のアクティブファンドを分析する能力などをしっかりと持っているかを見極めないと自分の思う運用方法とは違うやり方になってしまう可能性があるのです。

アクティブ運用はさまざまな魅力があります。やはり高いリターンが期待できるのは最大の魅力と言ってもいいでしょう。ただ、リターンが大きいということは、それだけリスクも大きくなっていくことだと考えてください。こういった資産形成には楽にリターンを得られるということはないので、そのことをしっかり覚えておくべきです。

その上で、しっかりと資産運用をしてくれるファンドを選ぶようにしてください。ファンドマネージャーによってやり方が違うので、しっかりとファンドマネージャーのやり方を見極めることが重要と言えます。